calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

categories

archives

ランキング

amazon

amazon

しんこぶ用 サイドマスダンAR

0

    たのまろです。前回かいたしんこぶに参加したマシンを紹介したいと思います。

    今回作ったマシンは、サイドマスダン仕様になってます。僕の中でサイドマスダンは飛行姿勢が綺麗(まっすぐ飛ぶ)という印象なので、未経験のセクションへの不安を少しでも和らげたいと思って採用しました。





    このマシンのコンセプトはズバリ、雪ミクですww



    ふだんこの色合いのマシンはあまり組まないので手探り感がありましたが、それなりにまとまってくれて良かったです。

    ◎フロントまわり



    いきなりバラバラですが、こんな感じのパーツで構成されてます。

    アンダープレートはシャーシに直止めしてます。そのままではアッパースラストになるので、スラストつける用のカーボンを挟んでます。



    こんな感じで、クサビ状に削ってます。



    ARシャーシに限らずどのシャーシでも言えることですが、フロントバンパーはシャーシにピッタリと密着させると比較的長持ちします。(すると思いますw)



    バンパープレートはネジ止め部から先だけを3mm厚にして強度を確保してます。1,5mm厚だと多分強度不足です。



    また、スタビに使ってるのはAR、MAのランナーに付いてくる620です。あまり使われることのない部品ですが、こういう使い方をするといいんじゃないかなぁと思います。

    ◎リアまわり



    リアはこんな感じです。

    スラダンを入れてみました。リアのみスライドさせると、コーナー出口でマシンが前を向いてる状態になり、立ちあがりが早くなる(といいなw)らしいです。



    スラダンプレートは二枚重ねで強度を確保しました。

    バネ受けは上側のプレートにH型に穴あけをしてバネを保持。下側のプレートはザグリ加工をしてバネを持ち上げるようにしました。これだと、大きな穴をあける必要がないので強度が保てて、軽く仕上がるので今後もこの構造は取り入れていきたいです。



    アクセント兼スタビでリアにもPOM620を使ってます。削れた痕跡がほぼないのでスタビとしてはあまり機能してない気もしますw



    リア周りそのものはフルカウルカーボンをサブプレートの様な使い方をしています。
    直カーボンを縦に組んでるのはズレ防止のためです。



    マスダンパーは、なんちゃらダンパーの類は特になくただビスを立てただけです。これは特に狙いはなく、ただめんどくさかっただけですw

    ◎サイドマスダン



    直カーボンを半分に切って、強度に影響があまり無いレベルで穴あけをしただけです。スペーサーを挟むと少し不格好になりそうだったので、代わりにカーボンの端材を挟んでみました。斜めカットで少しだけ主張を持たせてみましたが、ボディに隠れてほぼ見えませんw

    ◎その他



    裏はいつも通り。ギアも特に加工せず、ギアカバーの爪を利用した固定だけやりました。カウンターはいつものアレをしてます。





    ネタですが、ミライトを搭載してみました。しんこぶみたいな薄暗い会場だとめちゃくちゃ映えますw
    それ以外でも、マシンの挙動がよく分かるので付けといて損はないかもw

    ◎総評

    久々のサイマス車でしたが、思ったよりもしっかりと着地してくれてなかなか良かったです。オール830というローラーチョイスも最初はLC通らないんじゃ…と思ってましたが、割と普通に入ってくれます。
    今手元にある立体車では一番速く走ってくれるので、しばらくこのマシンを煮詰めてやろうかと思ってます。
     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック